;\

■始めに ■日記ログ ■BBS ■サークルインフォメーション ■エロラジ ■頂きモノ
- イレギュラーエレクトロン -
SINCE 1998.08.09
最終更新 2018.10.17






何となくな日々

インフォメーション 色々告知を書くスペースになりました
最近のお仕事。

 
 三才ブックスさんのオタク向け自転車ムック『サイクルクリップ 2012』にて木崎湖聖地巡礼特集の各種テキストを担当させていただきました。

 ▼祝『おねがい☆ティーチャー』10周年 聖地・木崎湖を走る!
 ・キャラクターデザイナー合田浩章作画!! みずほ先生と森野苺の描き下ろしイラスト収録 ・木崎湖巡礼案内
 ・大町の歴史・文化に触れよう!
 ・食べずに帰れぬ木崎湖グルメ
 ・小熊山ヒルクライム~木崎湖を見下ろそう~
 ・木崎湖から松本へ
 ・ちょっと結婚式挙げに軽井沢行ってくる!
 ・聖地としての木崎湖10年史


 合田さんの描かれたみずほ先生&いちごたんイラストでは二人の乗る自転車車種と背景などシチュエーション提案をさせて頂きました。また、特集内では木崎湖周辺の聖地巡礼マップを作成。テキスト面では木崎湖10年史年表作成、『おねがい』シリーズ解説と『おねがい』シリーズへの想いなどを書いております。
 Amazonリンク→
 ・『サイクルクリップ 2012』
 好評発売中!

アフレコレポート。

 ・イレギュラーエレクトロンhidakaの収録現場にお邪魔しちゃったよ #千和ちゃん編。
 ・イレギュラーエレクトロンhidakaの収録現場にお邪魔しちゃったよ #ゆかりん編。


 ちーむどらむすこさんの『進め! 闇魔法結社』アフレコレポートが公開中! 斎藤千和さんと田村ゆかりさんに会ってきましたよ! 斎藤さんの妹演技で昇天寸前! 田村さんのフリフリで絶頂寸前!


同人誌情報。
 コミケ・ぱんっあ11で頒布した『ガルパン』同人誌『紅茶の園から』が、COMIC ZINにて委託頒布開始されました。


 ・COMIC ZIN 通信販売/商品詳細 紅茶の園から
 アッサムとダージリンの友情を僕なりの味付けで書きました。聖グロ好きの方は是非読んでみて下さい。

 秋葉原・新宿の店舗、または上記リンク先の通販から購入出来ます。売れてくれないと本当にキツいので、どうかひとつ! お願いします!

「いちごのホントのキモチ」/「hidaka」の小説 [pixiv]
 AGC38の有澤美鈴さんを主人公にした二次創作小説をpixivで公開しました。2016年の夏コミで頒布されたAGC38合同誌『Little Berry Happy』に掲載された物です。


イレギュラーエレクトロンラジオYouTube版、週一から二週一で配信中!
 イレエレラジオ YouTube版 メールフォーム
 美月さんがラジオ用メールフォームを作ってくれたので、何か送ってくれるとありがたいです。女性声優ラジオに送られてくる気持ちの悪いメールを完コピしてくれるとありがたいです。


Twitterアカウントはhidaka3です。

Facebookのアカウント取りました。Kazuyoshi Hidakaです。

Google+のアカウントを取りました。こちらもKazuyoshi Hidakaです。


文章のお仕事募集中です。
 
 何かありましたらこちらまでご連絡お願いします。





10月17日(水) 更新Chu!
本日のTV映画。
 午後ローで『アイ・スパイ』。
 1960年代に制作された米国のスパイドラマを、2002年に映画化した作品。出演はエディ・マーフィとオーウェン・ウィルソン。




10月16日(火) ダリルはずっとブチ切れてました。
NTTのフレッツ光メンバーズクラブ会員ポイントが鬼のように貯まってたので、それを使用してHuluのチケットを購入。これでまた暫くはHuluの会員です。つーわけで、FOXチャンネルで始まった『ウォーキング・デッド』の最新シーズンを視聴。
 前シーズンで略奪者の集団“救世主”との長きにわたる戦いに終止符を打ったリック一行は、ゾンビ災害からの生き残りが作る複数の共同体と交流・交易を行うことで生存圏を拡大しようとするのだが、人が多くなれば諍いも増え……という出だし。シリーズ前半はかつて敵だった“救世主”メンバーとの確執や、一気に人が増えた事により不安定になる各共同体の姿なんかを描いていくのかな? 前シーズンまでにばらまかれてた要素である謎のヘリコプターがガッツリ再登場してたんで、後半はその辺りにもお話を割きそう。そして何より、主人公であるリック役のアンドリュー・リンカーンが本シリーズを以て番組を去ることが決まっているので、どういう理由で・何があってリックがあの世界から退場するのかが一番の見所なんだろうな。

 それはそれとして、前シーズンから暫く経った頃が舞台なだけあって、平和を享受した登場人物たちがあっちでチュッチュこっちでチュッチュと色ボケしまくり。お前ら、壁の外ではゾンビの皆さんが腐りながらアーウー言ってるんですよ! つーか、突如として予想外のカップルが誕生しててビックリだわ。リックとミショーン以上に「それ!?」ってカップルが生まれててビックリだわ。

本日のTV映画。
 午後ローで『ラスト・リベンジ』。
 ニコラス・ケイジ主演のアクション。これ、地上波初なんだね。

ひき逃げ車『ラブライブ!』の絵…目撃され逮捕。
 みんな言ってるけど、この車でよく逃げ切れると思ったな。

自称「最も英語が得意なバーチャルYouTuber」藤間桜に注目集まる 急上昇ランキングで1位に。
“最も英語が得意”の触れ込みは、声と動きを担当している声優の天城サリーさんが帰国子女(声優になるため、子供の頃から住んでたアメリカから数年前に帰国した)なので、ほぼ間違いないのよね。


 日本語配信の他に、英語で日本のヘンテコな商品を紹介する動画を配信したりしてるし、外国人が観るのに優しいバーチャルユーチューバーだと思います。海外ではかなりメジャーな存在になってて、アニメエキスポでコスプレしてる外国人もいます。



 藤間桜YouTubeチャンネルはこの秋からタガが外れたような回が多くて(多分、サリーが暴走してる)、かなり面白くなってきてます。モデリングもバージョンアップしてますます可愛くなってるので(本人によると「メイクの違い」だそうです)、お暇な時にでも。


 最新回ではこんな事言ってる。誰や言わせたの。

折角再入会したんだから、『ウォーキング・デッド』以外の物も観ないとな。
 とりあえず、第1話を見逃した『PRINCE OF LEGEND』を観るかー。ウチのTLのいつもの人たちからは、薬やってるんだろ?って感想しか上がってこないから、間違いなく面白い。




10月15日(月) 更新出来ず。
本日のTV映画。
 午後ローで『7セカンズ』。
 ウェズリー・スナイプス主演の涙目アクション!
 映画天国で『チリ33人 希望の軌跡』。
 生き埋めチリ人を掘り起こすぞー!

帰りがちょっと遅くなると、すぐさま0時を超えてしまう。どうにかせんとな~。




10月14日(日) ゲイ更新。
只今燃え尽き中。でも、打ち合わせ等あるので、お仕事に行ってきます。
 今日は22/7の握手会だってのに、結局行けない……。
 (追記)
 思った以上に早く終わったけど、ハナから行けないもんだと思って握手会の券取ってなかったから、会場に向かうわけにも行かず。仕方ないから大森のお祭りでやってたDDTの無銭プロレスを観てきました


 推し声優アイドルの握手会を仕事で諦め、最終的に辿り着いたのが男色ディーノのケツって何なんですかね。




10月13日(土) 良い曲多いよ。聴いてみてね。
イレギュラーエレクトロンラジオYouTube版、更新は今夜です。
 僕は昨日から続く1万字マラソンを走っているので、勝手に聴いてて下さい。
 (追記)


 更新。今回はメール特集だよ。メールはどんな話題でもOK! まだまだ募集中。ジャンジャン送ってね。

 で、ここからが本題なんだけど……今回のラジオ中にて、ウチのサイトを見て下さっている“かな”さんから「22/7の歌で好きな物はどれですか?」というメールを頂き、それに僕が答えるというくだりがあるのですが、何分そちらのメールの存在を知ったのが収録直前ということもあり、まるで事前準備が出来なかったため、聴き返すと自分的に納得出来ない説明をしていたり、口が回らずに固有名詞を上手く言えてなかったりという箇所が多々ありました。ですので、以下でラジオ中の説明を文章にて補足させて頂こうかと思います。“かな”さんとラジオリスナーの皆様は合わせてお読み頂きましたら幸いです。

 で、ラジオ中でも言っているとおり、僕は歌詞を聴いていて情景が浮かぶ歌が好きです。その一つとして例に挙げているのが『ガールズ&パンツァー 劇場版』のEDテーマである「piece of youth」。


 ・piece of youth 歌詞【ChouCho】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
 既に学校を卒業して幾年も経った人物が、ふと学生時代を思い返した瞬間を描いた歌。言葉の一つ一つにノスタルジックな想いが込められていて、大好きな歌です。ラジオ中でも言ってますが、この歌を“大好きな学校を守ろうと、死に物狂いで戦っていた子たち(とそれを助けた子たち)のお話”のEDに持ってくるというセンス! この歌がEDで流れることにより、画面上に映し出されるキャラクターたちの物語の幅が(あくまで観ている者の脳内でですが)一気に学校卒業後にまで広がるのですよ。
 戦車道を続けているのかもしれない。とっくに止めているのかもしれない。就職をして、あるいは結婚して戦車のことなんて忘れているのかもしれない。
 そんな時、ふとした瞬間に昔を思い出す。
 歌詞のように昔を思い返しているのはあんこうチームの一員かもしれない。他の大洗生かもしれない。もしかしたら他校生が「あの頃、大洗を助けにあんなことをしたな」と思っているのかもしれない。大学選抜チームの面々が「そういえばあんな負け方したことあったな」と思っているのかもしれない。
 そんな想像をしつつあのEDを、そこに映し出されるキャラクターたちを眺めていると、とてつもない余韻に浸れるんですよね。
 僕は、そういった歌詞を読み取る楽しみ方をするために歌を聴いているといっても過言ではありません。それ故、歌の紹介は多分に歌詞の紹介となってしまいます。その点だけご容赦下さい。

 閑話休題。

 では、22/7の歌について。
 現在、22/7の出しているシングルは3枚しかありません。


 ファーストシングル『僕は存在していなかった』


 セカンドシングル『シャンプーの匂いがした』


 サードシングル『理解者』
 これだけなので、「今から聴いてみるかー!」という“かな”さんのような方にはとても集めやすい状況だと思います。なお、作詞は全曲秋元康。作曲者は多種多様で、アイドル曲を専門に手掛けている方もいれば、アニメ畑の方やソニー・ミュージック付き作曲者の方もいたり、全くの新人の方もいらっしゃいます。だもんで、アイドルアイドルしてるなーと思ったらいきなりアニソンっぽくなったりと、わりと色んな曲調の歌が聴けて面白いです。
 今回は僕の好みをお聞きしたいとのことでしたので、独断と偏見で言わせて頂きますが、2枚目の『シャンプーの匂いがした』から聴き始めるのがよろしいかと思います。2枚目を勧める理由は単純に曲が(個人的に)聴きやすいというのと、アニメのミュージックビデオ(MV)が1本、声優たちによる振付動画が3本、いずれもフルサイズの音源を用いて制作されていて、それらが公式のYouTubeチャンネルに上がっているという点。2枚目用に制作された楽曲は5曲なので、ほぼ全ての曲がフルサイズで繰り返し試聴出来る状態にあるんですね。ですから、公式YouTubeチャンネルでそれらの曲を聴くってのが、22/7楽曲を理解する一番の近道なのではないかと思います。
 そんな2枚目中でもイチオシは、表題曲である「シャンプーの匂いがした」。以下はそのMV。


 ・シャンプーの匂いがした 歌詞【22/7】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
 ラジオ中の説明通り、完全にレズ曲です。大好きな先輩(女性)が学校を辞めると聞かされ、慌てて先輩の居るであろう部室へと走る主人公(女性)を描いています。

「他人に言えないくらい好きだった/そばにいるだけでときめいた/想い気づかれぬように隠して/ずっと告白できなかった/初めてのこの恋は/シャンプーの匂いがした」

 道ならぬ恋に落ちた主人公。彼女の想いを切々と歌い上げていて、でも爽やかな青春も感じられて大好きなんです。
 この曲の歌詞は、正に小説を読んでいるかのよう。ラジオの中で言ってる
「おでこをつけて泣いた」のくだりのように、主人公と先輩の会話中の情景が手に取るように頭に浮かんでくるんですよね。
「シャンプー~」のMVで注目して頂きたいのは、アニメ自体の出来の良さ。ハッキリ言って素晴らしいです。
 間奏中に描かれるキャラクター同士のやりとり。ダンスの合間にチラリと見せる個々の動き。それらはこの頃はまだ漠然としていた22/7のキャラクターたちを「こういった子ですよ。こういう性格の子ですよ。こういう動きや表情をする(出来る)子なんですよ」と世間に紹介する動画としてとても秀でていますし、実写ではほぼ実現不可能な大胆なカメラワークとエフェクト、更に画面のどこかで必ず演技をしているキャラクターたちは、一つのアニメーション作品として観てもとても楽しいです。この部分は、僕が真っ先に惹かれた箇所でありました。

 ・デジタル声優アイドルグループ、22/7の『僕は存在していなかった』フルCGミュージックビデオはこうして作られた

 初期MV2作を手掛けたのはタツノコプロ。CGディレクターは『プリティーリズム』シリーズなどの乙部善弘さん。
 歌詞の良さ、ピアノやヴァイオリンまでが入り交じる音の豪華さ、そしてアニメーションの楽しさ。このMVは、現時点において22/7を代表するアニメ作品と言っても過言ではないと思います。


 続いて紹介しているのは、同じくセカンドシングル収録曲である「循環バス」。以下はその振付動画。


 ・循環バス 歌詞【22/7】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
 学校帰りのバスで毎日乗り合わせる女の子を好きになるのだけど、声も掛けられない男の子の気持ちを描いた歌です。

「朝は何時に乗るのかホントは聞いてみたかった/声を掛ける勇気があればいいのに…/行きも帰りも会えたら付き合ってるみたいだね/ガタンと揺れたって君は遠すぎて」

 恋したことがある人間なら、誰しもが思い当たるような情景。相手との上手くいった“時”を夢想し、現実に返り落ち込む。恋心が巻き起こす独り相撲。美しい歌詞に切ない曲調も相まって、全編胸が打たれます。
 セカンドはこの手のノスタルジックな想いを喚起させる曲が多くて、聴いててとても優しい気分になれるんですよね。その点も僕がオススメする理由の一つです。
 そして、この振付動画は各メンバーのダンスの違いが楽しめて、その意味でも面白い。正確無比な西條和、キレのある白沢かなえといった感じでそれぞれの個性が出ているのですが、ここでオススメしたいのは、何といっても天城サリー! 観ていて「一人、スゲえ情感たっぷりに激しく動いてるのがいる! 表情も作りまくってる!」ってメンバーがいるのに気づいたら、それがサリーです
 あの表情を作り全身を使ったダンスは、元フィギュアスケート選手だったってのもあるんだろうなー。


 続いてはファーストシングルより表題曲「僕は存在していなかった」の話題。以下はそのMV。


 ・僕は存在していなかった 歌詞【22/7】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
 引きこもりの歌です

「心の窓にはカーテンを引いて/世界の隅でそっと息をしてた」
「夢見るってことは何かを期待すること/傷つくくらいなら夢なんか見たくない」

「僕は色を持たない花」


 世界と自分に絶望し、そう言っていた主人公が、でも、心のドアをノックし続けてくれた存在に対して徐々に心を許し、

「他の花と比べていた/ずっと一人絶望して/どんな花にも色があるように/僕には僕の色がある」

 と気づきを得ていく歌でもあります。
 自分の個性を認める。認めてくれる人がいる。それだけで勇気が持てる。一歩を踏み出せる。
 ラジオ中でこの曲のモチーフとなったメンバー名を言う際に、口が回らず「さいじょうかずみ」と言ってしまっていますが、正確には「西條和(さいじょうなごみ)」。


 この子はちょっと変わった独特の世界を持つ子で、それ故に他人と上手く付き合うことが出来ず、学校にも行けない部屋からも出られないという生活を送っていたそうです(感情を表に出すのが苦手で、涙を流すことすら出来なかったということから、もしかしたらメンタル的な病にも掛かっていたのかもしれません)。でもある時、
「このまま部屋に籠もって時間ばかり経って、大人になっても何も無い自分を想像したらとても怖くなった」という理由で部屋を出ることを決意。その際に「こんな自分を生まれ変わらせるため、今までの自分とは最も縁遠いことをしよう」と思い立ち、インターネットで偶然見つけた22/7のオーディションを受けたという経歴を持っています。
 そんな経緯でオーディションを受けた彼女でしたが、その独特の世界観や元々好きだったダンスの才能といった彼女自身の個性が運営スタッフに受け入れられ、


 前髪で顔を隠し、自分に自信が無いという滝川みうのキャラクターとも合致。


 引きこもっていた部屋から出て声優アイドルとなった西條和と、アイドルになることで前髪を分けて素顔を晒すようになった滝川みうは、ほぼ同一の存在。秋元康氏もそういった意味を込めて、この「僕は存在していなかった」という歌詞を作ったのだと思います。


「僕は存在していなかった」と対となる曲として紹介しているのが、最新シングル表題曲「理解者」。以下はそのMV。


 ・理解者 歌詞【22/7】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
 これも引きこもりの歌です。ただしバッドエンドです

「僕は誰も愛せないと/ずっと思い込んでいたんだ/自分のこと殺してまで/他人を求めてない」
「心のカーテン開いて/目を細め生きるより/暗闇で息を潜める/僕は孤独が好きだ」


 思春期特有の自意識を盾に、折角優しく差し伸べてくれた人の手を振り払う。何度も、何度も。ついにはその人も消え、そしていつか気づく。
「あの人こそ、僕を理解してくれていた人だったんだ」
 でも、もう、その理解者はいない。

 他人によりを気づきを得た「僕は存在していなかった」の主人公とはまるで違う存在ですが、一歩間違えていたらこうなっていたかもしれない存在。それが「理解者」の主人公だと僕は思っているんです。だから、この2曲は対になる存在だと思うのです。
 この曲のMV制作は白組が担当。これまでとは打って変わった乃木坂46・欅坂46的曲調と相まって、初めて見聞きした際にはビックリしました。また、キャラクターたちの硬い表情や動きと、これまでの“アニメーションとして楽しい画”を捨てた作りは、正直かなり僕の好みからは外れてしまっていてガッカリしたのを覚えています。


 で、ラジオ内での曲紹介はこれで終わっておりますが、折角なのでサイトではもう一曲紹介。それはセカンドシングル収録曲である「やさしい記憶」。以下はその振付動画。


 ・やさしい記憶 歌詞【22/7】 | 歌詞検索UtaTen(うたてん)
 この曲は「学生時代とかの辛くてイケてない記憶なんて嘘嘘。無かったことにして、自分の都合の良い記憶で書き換えてしまおう。それでいいんだ」というかなりの地下人(ちげびと)感溢れる歌詞で、メッチャ共感が持てるのですよね。
 イントロから歌の世界に一気に引き込まれ、歌詞の端々から溢れ出る寂しさの奔流に飲み込まれる。

「忘れることって便利だと思う/クラスメイトの誰かまで/どこかに消えてしまったよ」
「やさしい記憶なんてあやふやで/これ以上僕のこと傷つけはしない/悲しいことはきっと勘違い/人に聞いたのを信じ込んだだけ」
「過ぎた月日の思いやり/あの日の自分は嫌いだ」


 あの頃の自分を消したくて。せめて記憶からは消したくて。だから忘れて、“やさしい記憶”で上書きして。そうやって守られて、僕は今を生きる。
 初めて聴いた時、「過ぎた月日の思いやり」って歌詞にかなりゾクッとしたの覚えています。そうだよな。月日によって忘れてしまうのが思いやりになる記憶って確かにあるよな、と。そして、上の振付動画を観た際に、その一つ前の「覚えてないのは悲しいからだろう」という問いかけの歌詞をソロで歌う宮瀬玲奈さんに、更にゾクッとしました。真っ直ぐ視線を向けられ、あの甘い声でそのようにキツい問いかけをされる。一度あの画を観てしまうと、音楽プレイヤーで曲だけ聴いている時でも、あの視線を思い出してしまう。それほど強い印象。
 歌詞の静かな激しさに釣られるように、ダンスの動きも大きな物になっていく。この曲は是非振付動画も込みで楽しんで頂きたいですね。
 あ、サリーの激しさはここでも健在です。より情感を込め、熱く、激しく。遠くにいてもひと目で分かるわ。


 といったところで補足は終了。アンコールの定番曲であり22/7という存在そのものを歌った「11人が集まった理由」、アニメ挿入歌っぽい曲調や明るいタイトルとは裏腹に自分が嫌いだという主人公を歌い上げる「未来があるから」、ライブで超絶盛り上がる「地下鉄抵抗主義」「韋駄天娘」などなど紹介したい曲は山ほどありますが、その辺は是非ご自身の耳でお確かめ下さい。
 ラジオ内で言っているとおり、今から買うならCDではなくてAmazon MusicやiTunes Storeといった音楽配信サービスからデータで購入するのがよろしいかと思います。

 ・『僕は存在していなかった』
 ・『シャンプーの匂いがした』
 ・『理解者』

 データでの購入なら、曲だけは全部聴けます(アニメMVやライブの模様が収録されたオマケのDVDや声優さんのブロマイドなどは付きません)。また、Amazon Music Unlimitedなど各音楽配信サイト聴き放題サービスに入っていると、多分シングル3枚全曲聴けると思います。


 てなわけで“かな”さん、ご満足頂けましたでしょうか? ガチすぎて怖くなってブラウザ閉じちゃったでしょうか?
 以上、ラジオ補足「22/7で好きな曲ありますか? お答え編」でした!

本日のTV映画。
 土曜プレミアムで『三度目の殺人』。
 昨年公開されたサスペンス作品が、早くも地上波初放送。
 サタ☆シネで『マックス・ペイン』。
 2001年に発売されたアクションゲームをマーク・ウォルバーグ主演で映画化。

《ドラキュラ紀元一九一八》 鮮血の撃墜王 (ナイトランド叢書EX-2) | キム・ニューマン, 鍛治 靖子 |本 | 通販 | Amazon

 
 え!? 『ドラキュラ戦記』も新装版出るの!?
 前作から時は流れ、舞台は第一次大戦。イギリスから逃れたドラキュラは、ドイツの軍司令官となり、大戦を影で操っていたという物語。若き英国諜報員や、アメリカ人飛行士、そして実在の撃墜王リヒトフォーフェン男爵も登場し、またもや虚実入り交じったヴァンパイヤロマンが炸裂!
 短編や資料集がオマケに付いてるからまたもやお値段が張りますが、キム・ニューマンファンでしたら買いの一手でございますよ。

Kindleストアで販売している『百錬の覇王と聖約の戦乙女』原作小説の内、アニメ以降を描いた分が安売りセールしてるぞーーーーーーーーーーーー!
 これをスマホに入れておけば異世界に行っても安心だ!(スマホの力を過信したな)

プライム会員限定、Unlimited読み放題 3ヶ月合計299円(10/25申込みまで)。
 Amazonプライムの会員制書籍読み放題サービス“Kindle Unlimited”が、3ヶ月で会費299円のセール中。

Kindleストアにて『転生したらスライムだった件』の原作小説が大幅ポイント還元セール中。

 
 購入額から最大57%がポイントで帰ってくるセールが開始されております。アニメを観て気になった人はこの機会に。

Kindleストア : 【30%OFF以上】「若おかみは小学生!」フェア (10/18まで)

 
 劇場アニメが話題沸騰中の『若おかみは小学生!』。その原作となる児童文学がKindleストアで安売りセール中。第1巻は100円!

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』舞台前日会見で西條クロディーヌ役の相羽あいなが万喜なつみに強烈エルボー!
 相羽さん、元プロレスラーだもんね。
 それはそれとしてエルボー動画、ヒーッてカニ歩きでフレームアウトしていく真矢様が面白すぎる。

PS3のシステムソフトウェアが約1年ぶりにアップデート。安定性改善。
 マジかよ。近い内に動かしてアップデートしておくか。

【マチ★アソビvol.21】22/7メンバーインタビュー 西條さん「お客さんにパワーもらえた」 宮瀬さん「徳島ラーメンにハマりそう」
 一人一人にインタビューしてる良記事。写真も多いし。徳島新聞、有能過ぎる。
 あと、今気づいたんだけど、記事写真でサリーがやってんの、もしかして徳島のTか? Tなのか? 帰国子女ゆえのアルファベットギャグか?

10月23日西住みほ誕生日イベントのお知らせ|大洗町 曲がり松商店街公式サイト
 また平日に人が集まっちゃう!

本日はラジオの補足を書かせて頂きました。仕事で1万字書かなきゃならないってのに、こっちでも5000字以上書いてて死ぬかと思った
 なお、上で書いた歌詞解釈につきましては、僕の頭の中で行われてるだけの物で、公式による解釈ではありません。そもそも22/7の歌はメンバーたち自身が
「私たちのグループの歌は歌詞が様々な意味に取れるようになっている物が多いので、聴いた方1人1人が自分の解釈を楽しんで欲しいです」と言っているくらいなので、僕の解釈はあくまでとっかかりとして、皆様ご自身で聴いて歌詞を飲み込んでいって頂きたいです。

 ・22/7(ナナブンノニジュウニ)
 こちらは公式サイト。全ての情報はここに集約される。
 公式YouTubeチャンネルを観て、CDなどで歌を聴き、もし気に入ったなら、ライブなんかにも足を運んで頂ければありがたいですね。彼女たちのライブパフォーマンスはとても素敵ですし、何せ運営が「よし、今までに無い新しい事をしよう!」という気概に満ちているので、自前で行うライブ・イベントではいつも新鮮な驚きに溢れています(流石にゲスト出演時は歌うに止めておりますが)。

 22/7はまだ2年目の新人で、実績は無いに等しいです。歌も演技もまだまだだと思います。でも、その部分は全て伸びしろ。彼女たちの成長は始まったばかり。止まらない限り、これからが――未来がある。
 今この瞬間も全力で走り続ける彼女たちの後を、ファンである僕も追いかけていきたい。嬉しい時も悲しい時も同じ景色を共に見続けたい。未来を共にしたい。
 そんなことを思いつつ、僕は今日も22/7の歌や演技を楽しんでいますよ。




10月12日(金) どうする……。
本日のTV映画。
 午後ローで『エクストラクション』。
  ケラン・ラッツとブルース・ウィリス共演のアクション。
 金曜ロードSHOW! で『斉木楠雄のΨ難』。
 ジャンプの人気ギャグ漫画を福田雄一監督で映画化。

今日・明日で1万字くらい書かなきゃならないので、今日は更新お休みです。
 ヤバい……どうする……。




10月11日(木) いつでも側に妹たちを。
昨晩、『シスター・プリンセス 2018』が放送されました















 あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ気が狂っとる!!!!!!


 燦緒へ。
 シスター・プリンセスファンの兄たちは、2018年も元気です。


 つーわけで、真相は昨日もリンクした『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』第1話にゲストキャラとして登場したシーンだったのでした。


 声優さんも全員当時のまま。久しぶりにあの頃に帰れて嬉しかったです。

本日のTV映画。
 午後ローで『アンダーワールド』。
 まさかあんなに長期シリーズになるとは思わなかった第1作目。

エアーブラシ大攻略2018改訂版: 解決!器材選びからプラモ塗装の基本技法マスターまで。

 
 良い本らしいのでメモ。

キャストコメンタリー全チーム、取材します!【第1弾:カメさんチーム】 [ガールズ&パンツァー 大洗女子学園掲示板] | V-STORAGE (ビー・ストレージ) 【公式】
 カメさんチームの声優さんお三方にインタビュー。

過去画像を漁ってたら、妹全装着画像が出てきたぞ。




 ゲームのオマケで付いてきた妹ストラップを、携帯電話に全部着けて「ジャマだわ!」ってやる遊び。当サイト・イレギュラーエレクトロン、これでひとハネしてテキストサイト界で地位を築きました。あれよあれよという間に一日数千アクセスのサイトに急成長ですよ! チョロい! あの頃のテキストサイト界チョロい!
 そんなテキストサイト界隈、楽しくて大好きでした。これを切っ掛けに色んな人に出会えたし、色んな事が出来るようになった。物を書く仕事にも繋がった。全ては『シスプリ』から始まったと言っても過言ではありません。
 僕にとって、『シスプリ』は大切な思い出であり宝物のような存在。僕を形作ってくれた12人の妹たちに感謝です。



 端末が変わってもやってた。 



インフォメーション
『イレギュラーエレクトロンラジオ』
 次回放送は未定です。
 http://hidaka.inlive.co.kr/listen.pls
 ねとらじにて放送。

イレギュラーエレクトロン(出張版)




主なお仕事履歴。



『現代視覚文化研究』
発売中
ダメな女の子キャラについて書きました。


ネットランナー 2006年 12月号
発売中
木曜洋画劇場について書きました。



『メカビ』Vol.01
発売中
冒頭カラーページでコミケについて書きました。

『メカビ2007年秋号』
『メカビ2008年冬号』
発売中
投稿コーナー「POAROのハガキ道場」の構成・ライティングを担当しておりました。


『アフタヌーン新書012 宙のまにまに 天体観測「超」入門 機材ゼロでも大丈夫!』
発売中
制作に関わらせて頂きました。


『サイクルクリップ』
本文2コーナーを担当させていただきました。

その他のお仕事につきましてはプロフィールにて。

よろずメールはこちらまで。


リンク(敬称略)
◇友人・知人◇

□†[Breakthru]†
□Night Star - Net
□Que sera sera
□dual pony
□マレクさんのマヨイミチ
□リンドガルス博物誌

◇日記・テキスト系◇
□―12人いる!―
□Angel Heart Club
□Innocent Dreamer
□off-scouring net.
□Princess Rock
□Total Lunar Eclipse
いつか見上げた、あの青空の下で…
□映像技術部
□カトゆー家断絶
□さざなみ壊変
□島国大和のド畜生
□好き好き大好きっ
□だーくぱれす。
□電脳御殿
□ドキドキ上海日記
□橋本充電中
□ピアノ・ファイア
□フィアンセ戦車
□変人窟
□放蕩オペラハウス

◇CG系◇
□CROSSROAD
□Jekyll and Hyde
□orifice
□据えZEN
□有機化合物
□融雪カンテラ

◇ニュース系(個人)◇
□BOGARD La+
□CIA☆こちら映画中央情報局です
□HK-DMZ PLUS.COM
□iPhoneアプリをおすすめするAppBank
□iPhone FAN (^_^)v
□iPhone・iPod touch ラボ
□MOON PHASE
□RinRin王国
□side=2
□Tentative Name.
□ZOMBIE手帖ブログ
□アキバblog
□うぱーのお茶会
□えふすくBlog 4thSeason
□かーずSP
□ゴルゴ31
□最後通牒・こぼれ話
□新宿鯖
□名前のない部屋
□ぬるヲタが斬る
□武蔵成山城
□無駄な領域リサイクル
□楽画喜堂

◇企業&公式サイト◇
□B.B.station
□Cafe Mai:lish Web
□CYCLE SPORTS.jp
□cyclowired
□cyclist
□映画ナタリー
□eiga.com
□シネマトゥデイ
□GyaO
□POARO情報Blog
□音泉
□コミックナタリー
□お笑いナタリー



IE9で動作を確認しています。
画面サイズは1024×768以上、フォントサイズは中だといいかも。

リンクフリー・アンリンクフリーです。

当サイトはRinRin王国さんのなっちゃんりんくに参加しています。